スピーキングを鍛える(2) 英語の勉強法学習法 site map

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーキングを鍛える(2)

スピーキングを鍛える(2)

ph06.jpg1、まずは大量に英語を声に出してしゃべっていきましょう。(音読)
これは英語を声に出してしゃべることにまず慣れるためです。
ですが、音読をする前にやっておいてほしいことがあります。
それは発音の仕方です。


最初は聞いた英語の発音を真似ようとしてもうまくまねできないものがあると思います。
例えば「L」と「R」は発音の仕方が違うのですが、分かりますでしょうか?

「L」は舌を口の上に押し付けて発音します。「R」は舌を巻くような感じで発音します。
これが分かっていないとうまく発音できないと思います。

なので、大量に英語をしゃべる前の作業として、ザっとで良いので発音の仕方を
勉強しておきましょう。
これはリスニングの勉強にもなります。

発音の仕方をとても丁寧に書いてあるサイトを見つけたので紹介します。
http://kccn.konan-u.ac.jp/ilc/english/

ざっと発音を勉強したら、英語を声に出してしゃべるトレーニングをしていくわけですが、
最初から音読することはお勧めしません。

音読とはテキストを見て、声に出して読むことを言うのですが、
これだと自分のしゃべっている英語が正しい発音なのか分かりません。
もしかしたらすごいカタカナ英語でしゃべっているかもしれません。
それはよくないです。

なので、私がお勧めする最初のトレーニングは、リピーティングです。
リピーティングとは、英語のセンテンスを聞き、それをそのまままねして
声に出してしゃべることです。

このリピーティングは、聞いた英語の発音、リズムをまねることだけに集中してしましょう。
この際テキストは見てもよいですが、聞いた単語が自分の思う単語と合っているかの
答え合わせにだけ使いましょう。テキストを見ながら読むのはよろしくないです。

テキストを見ながら読むと、まねることに集中できず、
テキストをカタカナ英語で読むだけになってしまうのでよくないです。
聞いた英語をまねしてしゃべることに集中しましょう。

リピーティングはネイティブの声と自分の声を比較でき発音の間違いに気づける他、
聞き取った英語を一時的に脳に記憶しなくてはならないし、
英語をまねしてしゃべっているときは日本語に訳す暇がないので、
英語をそのまま理解するトレーニングにもなり、リスニングの向上にもつながります。
スポンサーサイト
カテゴリ
=== ツイッター(Twitter) ===

TOEIC対策 ビジネス英単語
ビジネス英単語を、意味、品詞、例文で分かりやすくつぶやいています。

TOEIC対策 基礎英単語
基礎の英単語を、意味、品詞、例文で分かりやすくつぶやいています。

TOEIC対策 基礎英単語 No2
TOEIC対策 基礎英単語のパート2です。

TOEIC対策 基礎英単語 No3
TOEIC対策 基礎英単語のパート3です。

よく使う英会話文
英会話でよく使う表現をつぶやいています。


=== 効率のよい勉強・学習の仕方 ===


=== 単語の勉強(例文あり) ===




Page Top
BBS7.COM
MENURNDNEXT
相互リンク人気ブログランキングにほんブログ村 英語ブログ英語学習ランキングFC2 Blog Ranking ブログランキング
お金のかからない英語勉強法TOEIC・英語勉強法英語・英会話総合リンク集読めて聴ける英語~海外ドラマとペーパーバックで英語学習
相互リンクPRO相互リンク/英語・英会話英語ニュースの学習サイト英会話・東京 新宿・NCC綜合英語学院無料で英語・英会話の学習をしよう!
Copyright © 英語の勉強・学習いいね! All Rights Reserved. Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。